海外旅行保険一括比較

渡航期間が3ヶ月未満の海外旅行保険は、インターネット契約で保険料が安くなります。行き先や旅行日数によって保険料が細分化されている商品が多く、出発当日でもクレジットカード払いで申し込みが可能です。

※渡航期間が32日以上の場合は31日の保険料を参考にしていただき、各保険会社のサイトにて実際の保険料をご確認ください。
※引受保険会社、旅行先、旅行期間によって異なります。ご契約にあたっては必ず契約概要やパンフレット等をご確認ください。

保険会社から海外旅行保険を選ぶ

三井住友海上
三井住友海上
損保ジャパン日本興亜
損保ジャパン日本興亜
ジェイアイ傷害火災
ジェイアイ傷害火災保険
チャブ保険
チャブ保険

海外旅行保険の必要性

海外旅行では、どんなトラブルが起こるか予想もつきません。国内旅行でのトラブルなら日本人に助けを求めることができ、日本の常識が通用するのでなんとか危機を脱することは可能です。しかし海外旅行ともなれば、言語の壁があり日本の常識が通用しないことがほとんどです。

慣れない海外での不測の事態に備えるためにも、海外旅行保険の加入は必須といえます。

海外旅行保険の補償範囲

そのため海外での病気やケガは、大事になってしまう危険性も。そんなことにならないためにも、海外旅行に行く時は必ず海外旅行保険に加入することをおすすめします。海外旅行保険に加入していれば、万が一病気やケガ、事故にあった場合も安心です。

また、海外旅行中に誤って商品や人の物を壊してしまった場合も、海外旅行保険が助けてくれます。(ただし、賠償責任の特約がある場合に限る)日本なら、物を壊してしまった場合でも弁償することで、穏便に済ませることができますが、海外だと簡単にいかないことも。最悪の場合訴訟を起こされてしまい、とんでもない金額を払わされる羽目になってしまうこともあるのです。

そんな時でも、海外旅行保険に加入していれば損害額を補償してもらうことができます。海外旅行保険では病気やケガの治療以外にも様々なトラブルに対応した補償を受けることができます。

海外旅行保険はネットで簡単

「海外旅行保険の保険料ってどれくらい?海外旅行に行くだけでも高額な費用がかかるのに、保険料まで払うのはちょっと・・・」という方も、ご安心ください。

特に最近ではインターネットで加入できる海外旅行保険が増え、書面で契約する保険商品に比べ50%以上割引された商品が数多くあります。保険料の支払いはクレジットカード決済で、簡単に手続きを完了することが可能です。(短期渡航の海外旅行保険の場合)

フリープランやファミリープランを活用

一部のクレジットカードには、無料で海外旅行保険が付帯されているものもあります。つまり、海外旅行保険が付帯されているクレジットカードを持てば、タダで海外旅行保険に加入できるということになります。

ただしクレジットカード付帯の海外旅行保険は、補償されない部分があったり十分な補償額でない場合があります。そんな時は、必要な補償だけを選べるフリープラン(バラ掛け)がおすすめ。オーダーメイドで不足な部分を補ったり、補償を追加することで、充実した補償内容を得ることができます。

家族の海外旅行にはファミリープランの海外旅行保険がおすすめ。賠償責任や携行品損害など家族で補償を共有することで、保険料を安くすることができます。